読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『博多での不思議な体験。』

寒いです。暖かい日があったので、余計に寒く感じます。今週は護国神社の蚤の市に

出店します。去年の1月に初めて出店して1年になります。去年の蚤の市では偶然と

いうか不思議な体験をしました。今になって思うと、計画段階からいつもと違う段取り

でした。基本的にイベントが終わったら、その日に帰りの出発をします。。あの時は

何故か帰りを飛行機にしよう。そう考えて探すと日曜の夕方以降は空席がなくて何故か

もう1泊して月曜の朝の便にしました。なければ新幹線にするはずです。でもその時は

そうしませんでした。開催日が近づいてくると少し風邪気味になって熱が少し出ました

この季節は普通のことですが、ほっぺが腫れてきました。おたふく風邪❔子供の時に

経験していますし、親に確認すると間違いなく経験しているということでした。出発の

前には良くなっていました。福岡で2日間、蚤の市に参加しましたが数十年に1度の

寒波が来て、2日目は途中で中止になりました。野外イベントはこういうものです。

1面、真っ白な博多は美しかったです。雪の関係で高速も新幹線も飛行機も全て止まり

ました。いつも通り日曜に帰る段取りだと、帰れないし当日にホテル探しも大変だった

でしょう。すごい偶然だったと、胸をなでおろしてホテルに着いて荷物を置いて食事に

出ました。ホテルを出ると、すぐ近くにライトアップされている光を感じました。雪で

真っ白な街には神々しく感じ、何となくですが光の方に向かうと。。驚きました。。

 

f:id:jyurakusha:20170131192329j:plain

全ては偶然でなく必然だったのか。蚤の市知った事、エントリーした事、経験した筈の

おたふく風邪みたいな症状。偶然もう1泊する事にした事。自分は櫛田神社の神様に

呼ばれて来たんだ。この街は自分の来るべきところだと確信しました。去年は1年の

始めに、福岡yearにすると決めていたのも導きだったのでしょうか。結果的に去年は

福岡には色んなご縁も多かったです。大好きな街。街の雰囲気もすごく心地が良くて

責任感の強い県民性でもあります。出来れば住んでみたい街。博多のお客さんにその

話をすると物件を探しに行ってあげると言いだして、冷や汗をかいた事もあります。

もうすぐです。自分の街と思って向かいます。。神様が呼んでくれているんだし。。

本当は全てが偶然だったりして。。。