『一人じゃないんだ。』

f:id:jyurakusha:20200406200652j:plain

ここ数日ちょっとネガティブな話が多かったですよね。フラストレーションも限界まできて

ました。人類史に残るであろう辛い時期にあると思うので、どうしようもないかな。どうやら

非常事態宣言も出そうですね。これで完全に自分の立ち位置がなくなりました。自粛との

戦いも終わりです。なんとか自分の居場所を残す戦いも終わりました。全て塗りつぶされた。

そんな気分です。ガイドラインが決まりNGの場所も決まった感じです。自分の希望はOKな

場所などを細分化して決めて欲しかったんですが。。今日から選りすぐりの手紙舎という

手紙社さんのオンラインショップで紙博企画があって、聚落社のBOXの販売が期間限定で

販売されています。この機会に是非。聚落社以外のブランドもお買い求め出来るので、奇跡の

組み合わせが見つかるかも。今日は東京の西荻くつしたさんと電話で話しました。彼とは

全国のイベントで会うので、特に連絡取らなくてもどこかで会えてました。これだけ仕事が

止まっているので、情報交換がてらにメールしたら電話をくれました。とにかく今がガマン。

誰に言われるよりも、作家さんの言葉はすんなり聞けるんですよね。ずっとガマンしないよう

戦ってきた自分ですが、同じ立場の意見を聞けて良かったです。また会おうぜという言葉に

勇気が出ました。自分はあまりにも今しか見てなかったです。辛い今の現状に向かいすぎた。

未来は良くなると信じるのも勇気かもしれませんね。救われました。。画像はインスタで

靴下の画像をあげてくれたお客様です。最近、画像で応援が多くて感謝しています。きっと

お客様も待ってくれていると信じています。ずっと苦しい時期が続いてたけど、一人じゃない

そう思えた1日でした。だけど非常事態なので、これからさらに辛い時期になるんですよね。

信じるしかありません。耐えるのも仕事と思って時が過ぎるのを待ちます。。

 

 

 

『先が見えない。』

f:id:jyurakusha:20200405170402j:plain

もう1ヶ月の間イベントがありません。安倍さんの2週間の自粛要請から始まって10日間の

追加。小池さんの東京の4/12までの自粛。今や東京のことが全国に影響力を持って先日は

たしか5/6くらいまで美術館などの休館の話になっていました。いつの間にか国は小池さんに

広報的な仕事を押し付けていますね。政府の話も専門家の意見を聞きながらとか、責任から

逃げ続けているようです。あんたら何のためにいるの。政治の専門家がいれば政治家は1人も

いらないんじゃないでしょうか。世の中の不信感がイベント界にも出だしています。要請の

延長がこれからも続くことを想定して、早めに中止にする傾向が増えてきました。これまでは

開催日に近づくまで判断を待つ主催者が多かったけど、政治家の設定期限を信用しなくなって

きたのでしょう。このままでは春期は無理でしょうね。荒っぽい中止の仕方をしたイベントは

ある程度の信用を失ったでしょう。これを機にやめるイベントもあるでしょう。行政からも

要請や告知に対応など主催者の負担も大きかったと思います。この流れは秋以降にも続くと

予想しています。秋の開催をパスするイベントは増えるでしょうね。実際に秋になったときに

状況が悪ければ、大きいイベントは激減するでしょう。そこまで作家たちが続けていけるかも

わかりませんが。もちろん自分もそうです。春イベントの売り上げは什器や資材、商品の

準備などで20パーセントくらいの赤字になりそうです。返金で100%戻らないイベントも

あるので、さらに追加しなければいけません。イベントによっては次回にスライドするのを

勧めるところもありますが、そこまで存続してるかもわからないです。お互いに。生きてるか

死んでるかもわからない。薬もない。ワクチンもない。朝に目が覚めて昨日と変わっていない

事に心のダメージを受けるところから始まってるんです。体調だけは最強なんですけど。。

疲労がたまるこれまでの生活ではすぐに感染してたと思いますが。聚落社をはじめてから

何度も苦境があったけど、今回もきついですね。ところでWHOって何の仕事をする機関ですか

ピンチの国を助けるとかするんじゃなくて。最後はこの人が世界を救うというストーリーは。

ないかな。。

 

『憩い。』

f:id:jyurakusha:20200404195156j:plain

京都は天気も良く、気温も上がって気持ちのいい1日でした。自宅の近くのショッピング

モール行って横に流れる川の道を散歩することにしました。世の中外出も自粛モードになって

います。東京もすごいことになっていますが、京都は正直ユルい状況になっています。どうも

近所の人だけではなさそう。川沿いが桜並木になっているので、お出かけの人が多数というか

混み合ってしまっていました。ここ数年、京都の街は外人のものになっていたので、やっと

取り返した。そんな雰囲気で宴会こそないけど、ブルーシートを敷いて食事なんて家族も

そこそこいました。今の日本は2週間前のニューヨークに似てるとか言われてますが、京都は

2週間前の東京に似てるかもしれません。もはや憩いの時間を過ごしています。少し体を

動かすつもりが、良くない行動になっていたかもしれません。気の緩みかも。東京の感染者が

増えてきて、都市封鎖の噂も出ています。もう準備と心構えも終えている人も多そうで、逆に

まだ発表がないの。判断を待っているくらいじゃないでしょうか。もしかして、こんな光景を

見れるのはもうないかも。そんな気がしてしまいました。今日もまたイベント中止の連絡が

ありました。もはや今年は失われた1年になるかもしれませんね。イベントが開催されてたら

全てが好転する訳ではないでしょうし、より大きな失望が待っているかもしれません。大事

なのは命なんですよね。みんなそう言っています。ですが、自分を見失うのをすごく恐れて

います。コロナが近づいてきていますし、ドンドン迫ってきています。ホント、心の憩いや

安らぎが必要ですね。作家の皆さん、今は崖の手前かもしれませんが全てが終わった訳では

ありません。世界は絶望の中。戦争に移行しないか心配です。この憩いがありふれた光景で

あってほしいです。自分が生きたいのは安らかな場所です。この光景がやってはいけない事に

なりそうで怖いです。皆さん、頑張りましょう。きっと報われる。そう信じて。。

『桜。』

f:id:jyurakusha:20200403190431j:plain

京都の桜も満開になっています。桜の木とこんなに向き合ったのはいつ以来でしょうか。

ここ数年は気がつくと花も散ってしまい。いつの間にか夏になっている。そんな毎日でした。

正直、花をめでる事自体をあきらめていました。キレイだな。そんな心が戻ってきたのか。

今は仕事をあきらめているんですよね。逆になってしまっています。なんだそれ。。今日も

いくつか連絡が届きました。もはや選考もしないで中止というイベントともう1つは選外。

残念な事なんですが、選外になってホッとしてしまいました。またホテル探して予約して

交通機関も予約して、中止になって最後は赤字になってヘコんで。心が穴だらけになって。

心の穴でゴルフでもしようか。最初の頃は自分に負荷をかけ続けて保ってきたけど、立ち

止まっています。つぶれる前にブレーキをかけれるんですよね。気がつくと桜を見て。だけど

あちこちに行ったりはできないので、これで満足しないと。日に日にスケジュールがまっ白に

なっていますが、模索するだけはしようと。あきらめたんじゃないのか。。もはや世界が

変化してることも考えないといけませんね。イベントというものが減ることもあるでしょう。

次の桜まで生きてるのかもわからない。でも最後まで生きて死にたいです。心が死んで体の

死を待ちたくないです。ニュースで小池さんが美術館などの自粛期間を5/6まで伸ばすとか。

東京の話をテレビでやると全国の話になりかねないので。また1つ心の穴が増えそうです。

あぁ、陰気な話ですよね。なんか面白くなるネタのシリーズを企画しようかと思いました。

あまり期待しないでくださいね。。

 

『エイプリルフール翌日。』

f:id:jyurakusha:20200402171936j:plain

今日は朝からいつもと違う1日のスタートでした。東京からのご注文の紙を発送する準備を

してるとメールがきて、都市封鎖の可能性があるので荷物の郵送が出来なくなった場合の

対応などについて連絡がきました。東京はここ数日の人数が増えてきてるので、現実的に

なってきてるようです。それを見越して仕事をしてるので、尋常な状態ではないでしょうね。

1日が100人以下なんで東京の人口を考えると少ないと言えるんでしょうが、都民が爆発の

予感を感じてるくらいなので最も身近に脅威を感じてるのでしょう。噂にも出てますもんね、

2日に封鎖説が。ある意味そうしたほうがいいという社会的意識が出てるのかもしれません。

ここ最近の日本では危機のせいか独特の共感を感じます。先日の百貨店でも無意識に人との

距離をとっているように感じました。東京は封鎖したほうがいいのかもしれませんね。それが

正しいのかもしれません。今日もイベントの中止の知らせが続々ときました。5月にも影響が

出てきて、絶望の波が何度も何度もきています。青森と岩手。楽しみにしてた東北シリーズも

ボロボロに。問題は飛行機の予約です。JALのHPからキャンセルをすると半分くらい返金が

出来なくて。早特チケットの場合これがあるんですよね。泣く泣く最終決定ボタンを押そうと

して『待てよ。』コロナ関係の場合は返金があるんじゃないか。1度初期の画面に戻ってから

探してみるとありました。小さいところから入るところがあって。どうやら全額返金が可能

みたいです。ただしコロナの対応が多いため、入金はいつになるかわからないようです。

もう全部嘘でしたってならないかな。嘘をつける雰囲気でない日の翌日は、嘘であってほしい

事だらけでした。画像は先日、インスタであげてくれたお客様です。mei.sai柄です。最近

販売する機会が無いせいで、商品たちとも会ってないんです。気に入ってもらえてるのに。

活躍さてたいのに。まだお客様の存在を忘れていませんし、イベントがあるのを待ってくれて

いるはずです。まだ諦めてません。どこかイベントないでしょうか。。

 

 

 

 

『4月のお知らせ。』

f:id:jyurakusha:20200401143616j:plain

雨が降っています。季節の変わり目はよく降るものです。毎日天気予報を見て一喜一憂する

季節ですが、特に関心がないんですよね。イベントがないので。3月は全てのイベントが

中止&延期になりました。夜のお店やパチンコがやっと問題になってきましたが、野外の

イベントのほうがまだ安全じゃないかと。まだ言ってますね。この拡大は政府の中途半端な

方針の結果でしょうね。いずれにしても増えていくんだと思います。どう考えても国民の

努力でここまで耐えてきたんですよね。感染者数も3割4割は外国人らしいので、日本人の

感染者はまだ少ないです。あと感染してしまった人の行動自粛も評価しないといけませんね。

この先にどんな事が待っているのかわからないけど、日本人でよかったと思えます。4月の

お知らせですが、予定していたデザインフェスタ、鶴岡クラフト、紙博が中止になりました。

これで4月のイベントも全て中止。これで年間売上の3分の1は消えたでしょうね。地獄。。

問題は出店料なんですよね。デザフェスは全額が返ってきましたが、イベントによっては

1部減額というパターンがあります。あとは来年にスライドすれば料金が発生しないとか。。

来年って、生きてるかもわからないですよね。経費がかかるのはわかるけど、一方的に決める

事はフェアじゃないと思います。1度でもいいからメールとかで気持ちを伝えるなどするべき

ですよね。結果的に地味にマイナスに進んでしまっています。こういう時に主催者の性格が

わかるので、今後イベントを選ぶときにいかせるかなと思っています。本当にそれぞれ考えが

良くも悪くも違うのがわかりました。お金に汚いイベントもありましたね。借金が100万円

から1300万円とかあるとか言い出して、返金を渋ったり。広島の人なんですが。。

デザフェスは経費がかかっているので、ある程度覚悟してましたが秋にスライドか全額返金に

なりました。秋にスライドしようかなと思うけど、そこまで生きてるかもわからないので。

生きてるでしょうけどね。わからないです。人類史に残るでしょうね。自分の生きる時代に

こんなことが起こるなんて。この時代に商売してる人ってありえないですよ。何回も増税して

災害ばかりでコンビニのレジ横の義援金の箱。どこだっけって3つくらい思いついたり。

今や自分用の箱が必要になってきそうです。今のまま経済を止めるのが当たり前になると

後々良くないです。ダメというのは簡単ですが、いい方法はないでしょうか。阪神百貨店には

土曜の午後から店頭に立つ予定です。この状況なので来てくれとは言えませんが。。

 

 

『百貨店。』

f:id:jyurakusha:20200331190551j:plain昨日は大阪の阪神百貨店の靴下イベントで店頭に立ちました。終わってから自宅に帰ると

そこそこ遅くなるので、昨日は更新できませんでした。ここのところイベントが軒並み中止で

お客様の前に立ちたくて仕方がなかった自分です。百貨店の経験はほとんど無いので少しだけ

緊張しました。いつもと違ってルールの厳しい世界です。経験の少ない世界ですが、とにかく

頑張るしかありません。やる気満々で売り場に入りスタッフに挨拶して自分のコーナーの横に

立ちました。イベント自体は始まって数日たっています。前の週末にイベントの予定があった

こともあってシフトに入れませんでした。ということで、今回のイベントでは初の店頭での

接客になります。百貨店でたくさんのお客様に知ってもらえるチャンスです。いざ店頭に

立ってみるとお客様が少ないんですよね。残念ながら。いつものイベントみたいにたくさんの

お客様が前を通るなんてことは無いだろうと思ってました。平日というのもあるだろうし。

しかもこのご時世。お買い物モードでもなく、接客して説明しようなんて逆に迷惑な感じに。

人と人の距離が必要なんですよね。さぁどうする。どうしよう。どうしたらいいの。。もはや

売り場に居着いた地縛霊の状態です。距離が必要なんで、お客様がきたら離れてみたりして。

あまりにもヒマなんで、少しはやく終わってくれという結果になりました。結果的に今の

世の中を知れたかな。お客様がわざと距離を置いている訳ではないけど、これも社会的意識と

言えるのでしょうね。理屈じゃなく何となく安全な行動になっているんでしょうね。複雑。

自分のやりたいことも得意な方法も無意味でした。あぁ、厳しい。だけどこれが現実なんです

あと何回かは店頭に立つ予定です。何事もゼロから積み上げていかないと。そうやって今まで

やってきたので、頑張るしかありません。次は土曜日かな。大阪のお客様、是非阪神百貨店

お越しください。。